過払い金の時効

過払いの利息を請求できる期限(時効)は、

利息制限法違反の過払金返還請求権の消滅時効期間は10年(民法167条1項)

金融会社との取引きが、終わってから10年と言われています。


ここで、ワンポイント、

過払い金の請求ができるのは5~7年と考えておいて下さい、

なぜかというと、

もし裁判になり、長引いた場合、
3年~5年くらいはかかってしまうからです。

少ない金額なら裁判になる可能性は低いのですが、

億のお金の過払い金などになると、
かなり長引く事が予想されるからです。

過払い金が、いったい、いくらになるのか、
借金がどれだけ減るのか、

専門知識を持った、法律に詳しい専門家に

無料で相談されてはいかがでしょうか?


きっと、金額に驚かれると思いますよ。

リヴラ総合法律事務所
|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|