過払い金請求 計算

消費者金融会社が利用者にお金を貸すとき、
「利息制限法」という法律が適用されます。

この法律により、貸金の利息の上限は、

元金10万円未満なら年利20%まで
元金10万円以上 100万円未満なら年利18%まで
元金100万円以上なら年利15%まで
と制限されています。

ところが、2010年までは、利息制限法に違反して金利が超えたとしても、
「出資法」という別の法律の制限である年利29.2%を超えない限り、
貸金業者に対する罰則はありませんでした。

そのため、多くの業者は罰せられないギリギリまで高い利息に設定、
利息制限法は超えるが出資法は超えない範囲の利息(29%など)で貸付けをしていたのです。

これが「グレーゾーン金利」と呼ばれています。

このようにして借主が払わされたグレーゾーン金利から、
本来払うべきだった利息制限法の金利を引いた差額が、
過払い金なのです。

おおまかに計算すれば

100万円借りたとします。

出資法の上限の29.2%の年金利なら、
129万2,000円

利息制限法の上限の18%の年金利なら、
118万円

1292,000円-1180,000円

年間で112,000円の過払い金が生まれます。

これは、1年で100万円を返済した場合なので、

返済した年数が増えれば、

過払い金はドンドン増えてゆきます。



おおまかな計算を行いましたが、
月毎に、利息は変動して行くので、
計算専用のソフトが必要になります。

いったい過払い金がいくらになるのか、
私は、無料で相談できる、
リヴラ総合法律事務所に相談しました。


|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|